スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『死のロングウォーク』

S.キングの『死のロングウォーク』という本を読んでみました。
トレードと関係なさそうで、実はありそうな切羽詰った内容。
(・・だと勝手に感じたので感想文を^^;)

14~16歳の志願した少年100人が、時速4マイルで延々に歩き続ける話です。
規定速度以下になると、4回目の警告で兵士に撃ち殺される。最後の一人になるまで続く。

少年たちが歩き続ける道の両脇にはマラソンの応援をするかのような群集とマスコミ。
延々と夜も昼も、晴れ雨、嵐に関わらずゲームは続行されます。
歩行中、参加者の少年たちには奇妙な連帯感が生まれ、
いがみ合ったり助け合ったりしながら延々に死ぬか生きるかの狭間を歩き続けていく・・。

日本の「バトルロワイヤル」の元ネタとか言われてるし、
後のS.キング『バトルランナー』の原点みたいな話かも知れませんね。
(これはシュワルツネッガー主演で映画にもなったっけ・・・)

結局、ロングウォークという競技が何なのか、なんでこんな競技が行われているのかも
物語では何の説明もないし、登場人物たち自身が、それについては良く分からないと
劇中で語っています。

なので「バトルロワイヤル」のような死のゲームを強制する国家権力に対しての
陳腐な皮肉が出て来たりする場面も無く、少佐と呼ばれる謎の司会者が
妙に民衆を扇動する以外は、特に政治的な意図もなさそうです。

ただ、淡々と決められた単純なルールに沿って長い道のりを延々と歩いていく。

ところで毎日毎日、いすに座って場中に機械の示すBuySellというサインを見ながら、
淡々とボタンを押し続ける作業を繰り返すとき、猫レオは
ふっと緩慢な死に向かってるような、嫌~な気持ち悪さを感じることがあります(-_-;)
その気持ち悪さと共通するものが、この小説にはあるような気がしました。。

SAVE0220.jpg

(以下ネタバレ)

ところで、ロングウォークの優勝者は、何度か死にかけます。
3度ほど同じ競技仲間の友人に命を救われ、
この偶然が無ければ優勝は違う者になっていたでしょう。
参加者が全く同じで、同一の競技を行うパラレルワールドが100個あったとしたら、
恐らく、優勝者は小説中の主要な人物たちに満遍なく散らばるのではないでしょうか。

米国で盛んに行われているトレード競技なんてものも、案外そんな類かも・・・なんて
思ったりします。
ラリーウィリアムズが優勝したロビンズ・カップですが、
もし半年相場の地合いがズレていれば、初っ端に酷いDDを食らって
彼の優勝自体も怪しくなってたと思う。
(それでも複数同じ大会が行われれば、どれかで優勝はするかも知れませんが)

本当にシステムトレードの真のコンテストを行うのであれば、最低でも5年は必要ですね。
理想を言えば10年。(そんな忍耐のある主催者はいないから普通は半年~1年)

どんなルールでも、“まぐれ”で大勢の中1人ぐらいは1年で凄い成績を残せる人は出ます。
それが2年、3年、4年、…と続くにつれて、恐ろしく成功確率は減っていきますよね。
(先日感想を書いたタレブの『まぐれ』じゃないけど)

色々なことを考えたわけですが、結局トレードは
“ロングウォーク” ではないか・・・なんて思います。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。