スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全自動売買への移行を試みつつ

手数料が多少高くはなるのですが、今年に入ってから
トレイダーズ証券のトレードスタジアムを使って、完全自動売買をやってみようと
悪戦苦闘してます。

今のところミニ1枚で実験的にやってるのですが、
なにが悪戦苦闘したかというと、このトレードスタジアムを使うと、
引け成り決済が出来ない。

つまり、ルールにそういう仕組みがあると機能しないのです。
それゆえ、決済されずに持ち越されて、損失になったりもありました。

(-"-)

前場と後場で猫レオは引成り決済をかけることが多いです。
ある時間である条件を満たしていると、引け決済にするのですが、
これが出来ないので困りました。

色々しらべたら時間強制決済というのが予約語に
あったので、それを使って、引け1分前に決済するようにしました。

あと、前場引けると、一本足が余計にでます。
こいつが凄く厄介で、トレードステーションで検証してるときは、
その一本余計に足が出た位置での売買が年に数回は起きているので、
こいつを後場の一本目にどうやって持ってくるか?
さらに昼のギャップをその売買に、どうやってうまく認識させるか、
しばらく悩んでました。

色々試行錯誤して、少しルールの単純に作り変え、コードを書き換え
バックテストをした結果、
意外と良好になったので、それでGOサインを出してみようかと思いました。

しかし、ルールが単純になる≠プログラムコードが単純になる

ということも多く、むしろプログラムコードがますます複雑化して、
デバックがやりにくくなってきたという副作用が発生してます。

どうしても、感覚的に単純に、そして曖昧に判断する箇所を細かくコード化すると
指令の選択肢が膨大に膨れ上がってしまいます。

とくにEasyLanguageの場合、そのあたりの機能が弱いみたいで・・・・

直近では、あるプログラムバグを発見するのに2週間もかかりました。

まぁ、でもちょっとポジションの一部を自動売買に振り分けて
いろいろ実験してみるのは新しい境地へと進む良いチャンスかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。