スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SAWⅡ』はシステムトレーダー必須の映画 .. I want to play a Game

SAWという映画をご存知でしょうか?(笑

現在Ⅳまで公開されていて、次回のⅤが完結編みたいなのですが、
これはトンでもないホラーサスペンス映画です。

合わない人には、吐き気するような映像が続いて、うわぁ・・・って
なります。

でも、猫レオはシステムトレードでめげそうになると、よくこの映画見ます。
特にⅡのあたりかな・・・・

誰もこんな馬鹿なことは言いませんが、敢えて言います。

『SAWⅡ』はシステムトレーダー必須の映画・・・・(^^;

ジグゾウという脳腫瘍末期の男が、
人生を粗末にしてる輩、麻薬中毒者、狂言自殺趣味、覗き屋、息子と不仲の警察、
患者を物の様に扱う医者…などなどを拉致して、病的なゲームを仕掛けるの話しです。

I want to play a Game・・・・という不気味な台詞と共に、毎回、腹話術の人形が
映像でテレビに映ります。

そこでジグゾウから、拉致された者は試されるのです。
肉体に多大な犠牲を払ってまで、自分の命を救えるかどうか・・・・
人生における時間と言う概念。
生への執着度・・・などなど。

このジグゾウというサイコパスな男。
彼は決して、ただの猟奇殺人者というわけではなく、ある種の哲学を持ってます。

ゲームのルールを守れ

ルールさえ守れば、命は助かる、

ルールさえ守れば、助かる

もちろん単純に守れるルールでも何でもないのですが、

それでも、
中には、本当に簡単なルールもあります。

作品としてはパートⅠが一番面白いのですが、それはおいておいて、
パートⅡの話しを。

二作目では息子を拉致された刑事がジグゾウのアジトを訪れます。

彼はジグゾウに「俺と一緒に大人しくお話をしてさえいれば息子を安全に返す」
と刑事に約束します。

しかし、

その横においてあるモニターで流れるのは、どこだか判らない
神経ガスが充満した家に閉じ込められた
息も絶え絶えの7~8名の犯罪者達と息子の姿。

彼らもゲームを強いられてるのですが、刑事の目の前のモニター画面の中で、
息子が神経ガスを吸ってヘロヘロに死にかけ、
さらに頭のおかしな犯罪者たちに追っかけられたりします。

刑事はそのモニターを見ながら半狂乱。

息子の居場所を言え! と。

ジグゾウは冷静に、ルールを守れ、そうすれば息子は安全に返る、を繰り消すのみ。

しかし、ルールを守っていれば、息子は確実に神経ガスか犯罪者によって
命を落としてしまう。

(以下 半分だけネタバレ)



結局、ラストで耐え切れなくなって刑事はルールを破ります。
ジグゾウをボコボコに殴って、息子を救出しようと居場所まで案内させます。

ジグゾウはいいます。

ゲームオーバー

ゲームは終了しました。
刑事はゲームに負けたのです。

ジグゾウの言葉に嘘はありませんでした、もし刑事がルールを守って
ジグゾウとお話を続ければ、息子は安全に刑事の元に帰ってきたのです。

簡単なルールさえ守っていれば・・・・

ジグゾウはトレードシステム
息子はポジション
刑事は自分ですね・・・・・(^^;


応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ぐは、今日は本当、まぁいった・・・

この数日、FXポートスタジオのサイトリニューアル作業が滞ってまして
本日、気合いれてやるかと意気込んだもの、

本日の225先物の動きには、本当にショックを受けて
寝込んでしまいました。

損失は-205円

売買金額で言うと・・・言いたくないぐらい(^^;

まぁ、大きい負けだけど、このくらいの負けは、このボラなら発生し得るものです。

けど、2時ぐらいまでは含み益で+300円以上あったんですよね。
システムトレードだから、ルール的には返済せずにホールドでしたが、

その後、突然、狂ったような上昇・・・・まぁメインルールではドテンになるのが、
あるフィルターが延々と引っ掛かってて引けまでドテンできませんでした。

+300円もあった含み益がどんどん削られ、あろう事か、
含み損に・・・・(苦笑

そして場が引けてから最大で-270円もの含み損・・・(´д`;

結局、-205円で済んだのだけど、サイン上は-180円。
25円分はスリペジです。

なかなか立ち直れず、なんでこんなに落ち込むのかと思ったら、
これ気分的には-500円負け状態なんですね・・・

いやいや。・・・

システムトレードだろうが、何だろうが、キツイですね。
ほんと。


応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ






単純なものでも過剰最適化はおきますよね。複雑でも起きないケースありますよね。

今日はまた異様に先物も上昇しました。
為替の方に連動して現物株があがったのが主導という見方があるみたいです。

ちなみに猫レオは市場分析は殆ど…というか全くやりません^^;
システムに組み込まれてない情報なので、
やっても意味ないし、上がったのか下がったのかなんて理由が判らないし(笑

ところで、話し変わって
システムトレードで一番怖いのはなにか?

心理面といわれていますが、猫レオにとって一番怖いのは過剰最適化です。

なぜ精神がガタガタになるのかというと、結局、自分のルールが
通用しなくなってるのではないかという疑念。
つまり過剰最適化が行われてしまってるのではないかという思いが、
心理を辛くさせるからです。

なので、よく言われる過剰最適化について改めて自分のルール作成のプロセスを
振り返りながら考えてみた。

猫レオにとって昔から疑問におもってる通説があります。

「ルールが複雑になると過剰最適化が起きる」

本当にそうなのか?
単純とか複雑ってことで過剰最適化が起きるの?

シンプル・イズ・ベストと呪文のようにシステムの検証本に多く書かれいます。
もちろん個別株や複数の商品先物に当てはめるようなシステムであれば、
単純な骨格を持たないとダメなのは当たり前なのですが、

猫レオが売買を行ってる日経225先物のような特定のものでは、どうなのでしょうか?
S&P500オンリーで取り組むトレーダーたちはどうなのだろうか?
(一つの市場でのみシステムトレードするな…と書いてる本もあるが…)

ルールは単純な程良いといいます。

でも、例えば単純に二本の移動平均クロス・・などで行ったところで、
大した成績にはならないでしょうね。

猫レオは、過剰最適化を防ぐには、基本ルールも、フィルタールールも、
理(ことわり)があるかどうか だと思っています。
一つ一つの追加されたルールに、
相場の動きに対する戦略的なロジックがあるかないか?ではないでしょうか。


結果論で、よくわからんけど成績が良くなるから追加・・ではなく、

こういうフィルターを追加することで、
このような効果が全般的に発生すると仮定される。
実際、検証してみると仮定をある程度、実証する結果が出た。

このようなプロセスを踏んだものは、追加ルールが多少複雑化しても、
過剰最適の罠には最初から嵌ってないと睨んでいます。


過剰最適化とは、偶然性に左右されるような結果を拾いすぎると、
それが起きるということだと思う。
また、過剰最適化を防ぐには、できる限り過去のデータを多く用いるのも大切だと思います。


猫レオは、システムの有効性を表現するときには、こういう風に言いたいと思ってます。

単純なものが勝つのではなく、
理(ことわり)のあるルールが勝つ


この問題については、なかなか奥が深いです。
今後とも油断せずに自己ルールの中での違和感を徹底的に精査していきたいと思います。

まぁ、ちなみに物事は複雑化すると最初に放った理(ことわり)が薄くなって
ボヤけてくる傾向はありますよね。
逆に単純な状態だと、内蔵された理(ことわり)が明快なまま保持される。

そのあたりに、単純だの複雑だのといった無意味な二元論が出てきてるのではないかと
猫レオは思います。

あ・・・・でも、物事を論じる前には、かならず言葉を定義しなければ
なりませんね・・・

ここでは単純と複雑の意味をちゃんと決めてないので、
今ひとつ読み手の主観によって、間違ってると思われたり、正しいと思われたり
するかも知れません・・^^;

また、気が向いたら過剰最適化については書いてみます。


応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ギャンブルの定義

先日、ちょこっと触れた猫レオが使うギャンブルという言葉についてお話します。
猫レオの個人的な言葉の使い方なので一般社会とは異なってると思いますが^^;

ギャンブルという言葉は、通常あまり好ましい単語としては使われませんよね。
博打という意味で、一か八か、当たるも八卦、当たらぬも八卦、生きるか死ぬか
いろいろ言われてますが、
しかし、猫レオはギャンブルという言葉をこんな風に定義して使ってます。

確率のゲーム

個人的な嗜好ですが、
猫レオは運否天賦のものにギャンブルという言葉を使うのがあまり好きではありません。

でも一方で、ギャンブルは運の要素が強く、人を破滅させていく側面が強くあります。

猫レオはそういう要素の強い遊戯をギャンブルではなくライアーゲームと呼んでます。
また、簡単に儲かる系の話も同じくそう呼びます。

ライアーゲーム

そういうタイトルの漫画がありました。面白いですよ(^^

この漫画については、そのうちにまた詳しく感想を書こうと思いますが、
ギャンブルは参加者が確率を味方にすれば確実に利益を手に入れることが出来ます。
ライアーゲームは参加者にとって確率も何もありません。
長く続ければ胴元以外は確実に損をします。

控除率25%の競馬なんて日本中央競馬会が一般市民に仕掛けた
ライアーゲームそのものですよね。

ちなみに漫画『ライアーゲーム』でも一番安全確実に利益を得られるのは
ゲーム主催者であるという設定が必ず出てきます。
参加者同士がいくら騙し合ってお金を奪い合っても、
結局は主催者が確実に利益を得られているルールだったりしますから。

猫レオは賭けをするときに、自分がこれから行おうとするものが
ギャンブルなのかライアーゲームなのかを区別してから臨むようにしています。

別の言い方をすれば、
大数の法則に従って利益を得られるかそれとも損失を被るか。
このあたりに両者を区別する境がありそうです。

トレードは猫レオにとってはギャンブルですね。
なぜなら確率のゲームなので。


ライアーゲームに参加すれば確実に損をします。
しかし、ギャンブルは確率を味方につけられれば、必勝法は作れます。

もっとも、そのためには確率を計算するツールと分析の力は必要だったりするのですが
猫レオはオメガリサーチ社のトレードステーションというツールを使ってます。
これは利益を上げる確率計算のソフトと思ってます。
エクセルも大きな武器ですよね。
自分で与条件を設定して、一定の法則やシステムに従った確率計算は
一流のギャンブラーたちが集まるマーケットで自分を守り抜く大きな武器になります。

FXのスワップ派だとyamakouFXさんが無料で配布してる分析ツールなんかを
利用してみるのも良いでしょうね。
猫レオは奮発してFXポートスタジオで延々ポートフォリオのシステムを組んだりして
過去のシュミレーションに明け暮れています(笑

トレードをギャンブルにするかライアーゲームにするかは、その取り組み次第だと思います。
やっぱり色々なツールを駆使して自助努力なしには相場では生き残れません。
勉強も必要です。

もっともトレード関連で、よくある安易な儲け話の商材類は殆どがライアーゲームなので、
最初から相手にしないのが得策でしょう。

さて、明日からまた日本のマーケットが開きます。
金曜日に底値を割った先物価格が今週はどんな動きをするのか。
見守りたいと思います。


応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

きみは本当にトレードしてるのかね?

このタイトルの意味はとりあえずおいておいて・・・(笑

そういえば、yamakouFXさんのブログのまとめサイトはほぼ8割完成してきました。
まだまだ細かい修正あるけど、なんとか来週末ぐらいにはアップできるかなと
思ってます。
資料としてもかなり充実しそうですので、個人投資家の方でポートフォリオ理論について
勉強したいという人にとっては、良い足がかりになるんじゃないかなと思います。
FXポートスタジオも、ブログの方で色々勉強したせいか、
ちょこちょこ弄ってますが、これは、なんというか、すごいですね(^^;

操作簡単だけど、結構奥深い・・・・、いまはこんな相場状況だけど、
通貨ペアの組み合わせの選択によっては、たしかにリスク分散になりますわ・・・

何度も言うけど、よくこんなものを作れたな・・・と、感心します。

もちろん、いまの状況じゃ、どんなポートフォリオ組んでもヤラレてるんですけどね。
そのヤラレ具合をどれだけ抑えて体力温存できる計画が立てられてるかが
スワップ金利の肝ですね。

今の酷い世界経済崩壊状態が落ち着いてくる頃には、
かなりの威力を発揮してくれるのではないでしょうかね・・・猫レオもその時期に
ターゲット絞って、先日配布された詳細マニュアルを眺めながら、

細かい設定やポートフォリオの組み換えなどをシュミレーションしている毎日です。



それはそうとして・・・・タイトル。

日経平均がバブル崩壊以来の2002年の最安値を割ったという日に、
前回の記事では、水が蒸発したとかナントカ…わけのわからない事かいていたので、

今日みたいなメチャクチャな下げのときに
そういう話題でないのは変でしょ?
おまえは本当に指数先物のトレードやってるのか?


と、夕方に、ある身内から文句をいわれました(笑
やってますよ、やってますとも。

実は猫レオは、もうひとつブログをつけてます。
こちらのブログは完全に日経225先物の売買記録として利用してる
完全個人トレード日記です。
日記ですので、人にはみせられません(^^;
文章もこんなホンワカしてません、もっとギスギスしてて、
自分のトレードストレスの内面がでまくりです・・・・(^~^)

そっちで、色々書いてるから、こちらでは既にガス抜き状態で、
あまり書いてないだけです。

ちなみに本日のトレード記録は

8140円でショート(売り) 
7940円で返済&ロング(買い)。
その後、大きく下げて7790円で返済。

200円とって、ホクホクしてたところが、150円負けて、うぎゃ~となって、
その後更に下げていくのを、指くわえてみてて、
100円ショップで買ったコーヒー湯のみをまたしても叩き割ってしまうという
バカやってました。

こういう風景・・・・誰かが見てたら、頭のおかしな人がPCの前で吼えてるとか
色々言われるでしょね・・・・・

まぁ、猫レオの場合は完全にメカニカルなルールで売買してるので、
場中はサインどおり売り買いするだけなんですが、やっぱりストレスは溜まります。

システムトレードについては、一つ作ってみて、その過程を
ブログで連載したいと思ってます。

FXの方でも、いずれシステムトレードで色々やってみたいとは思ってるんですよね。
まぁ、まずは先物トレードで今のルールを少しメンテナンスする時期が近づいてるんで
そちらに専念すると思いますが・・・



応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ


テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

水ってなんで蒸発するの?

あんまり投資とは関係ない話題なんですが、先日のブログで
難しいことを簡単に説明するのは難しいと書いたところ、
またまた知り合い(友人の子供)から、こんな質問を受けました。

水ってなんで蒸発するの?

学校で水はH2Oで、その分子の運動状態で気体、液体、固体と分かれると
習ったばかりだそうです。

教師がいうには、100℃以上で気体、0~100℃で液体、0℃以下で固体と。
ま、だいたいみんなそう習いますね。

彼が疑問に思ったのは、机にたらした水滴が乾いた、つまりH2Oは液体から
気体になった。これは机の表面が瞬間的に100℃になったのか?

ということらしいです。言われてみれば確かにそうですな。
洗濯物を乾かしてるけど、洗濯物の表面が瞬間的に100℃になってるのか?

という疑問と同じでしょうけど。

でもって、水は別に0~100℃の間でも気体になるんじゃない?
と答えたのですが、今ひとつ釈然としない様子です。

ほら、湿気ってあるだろ、じめじめした奴。
あれって、水が空気の中に溶けていて、フワフワ漂ってんだよ、
部屋の空気に水が多いと、ジメジメして気持ち悪い、
逆に、部屋の空気に水が少ないと、やたら喉が渇く、

だから、水って奴は、温度で変化するのもさることながら、
温度の変化がたいして無い状態でも、周辺の状態によって
仲間の少ない方へ向かって姿を変えながら移動していくんじゃないの?

部屋の空気に自分の仲間が少なければ、机の上の水は少ない仲間の方へ
姿を変えて移動していく、それが乾燥だろ。

湿った部屋では洗濯物が乾きにくいだろ、あれは部屋の空気に仲間が
沢山いるから、洗濯物を濡らしてる水は姿を変えて移動しないんだよ。


実は、あまり深く考えたことなかったのですが、説明しながら
同時に頭で辻褄あわせて話した内容がこんなものです。

しかし、言葉で説明したら、解ったような解らないような顔をしてました。
そこで絵を描いて、人間やら動物に例えて説明したら、よくわかったそうです。

やっぱり絵の力は凄いなと思いました。
漫画でわかるナントカって本が売れるわけですよね・・・・

もっとも彼の興味は、学校の教師が嘘を教えたのかどうか?

という点だったそうですが。
仕入れた知識をもって、次の授業でケンカを売るつもりらしいですが、
どういう結果になるのか・・・・

さてさて一応は相場ブログなので、
この話しを強引に相場につなげると・・・(-_-;

こういう水だの何だの物理的な話は学問として確立されているので、
いくらでも正しい答えを導き出せるのですが、相場の世界は、
学問でいうと、経済学から社会学、数学、心理学、民俗学…色々入り込んで
でも一番色合いが強いのはオカルトでしょうね。

オカルト学…(自分で書いてて吹き出してました

なんの説明にもなってませんね・・・、でも、あちこちの色々なものを見ると
どうしてもむかし学研から出てた『ムー』とかに掲載されてた広告を
思い出してしまう。。。。(^^;) おもしろいですけどね(笑

でも、占星術トレード法みたいなものは、まだわかりやすいのですが、
ほとんどは巧妙に似非科学同様に隠されたオカルトが多いかも知れません。


ちなみに猫レオにとってはトレードは数学とギャンブル学です(笑

猫レオにとってのギャンブルの定義はまた後日お話しようと思います。


応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

システムトレード

FXポートスタジオ公式サイトのリニューアルなどなど、作業がかなり多く、
梃子摺ってます・・・まとめサイトも途中でいろいろ引っかかって、
よく理解してない状態で書き綴るのもどうなのかと、あちこちの関連サイトで
検索しながら猫レオなりに読み進めていますが・・・う~ん。予定通りいくかどうか。

ブログをサイトにまとめながら、大学院時代に受けてた都市解析という授業で
数式がやたら出てきた「都市密度の構成分布」の論文を要約するという課題を
思い出してます。微分積分行列式が山のように出てきて相当てこずりました…(笑

この課題の面白かったところは、院生が学部の4年生に理解させるように
資料をつくって発表するんですね。なので4年生の理解度を高めるのが目的なのです。
だから自分が理解してないと説明できないというキツイ課題でした。

そのときにその論文の内容ではなく  ( それはもうすっかり忘れました(笑) )、
未知の分野のテキストをどうやって理解していくかという、とても重要なハウツゥを
学べたと思います。
ものすごく難しいことを、分かりやすく教えるのは実は、とても難しいことです。


ところで、この一連のHPサイト構築が終わったら、
現在使用してる225先物のシステムのメンテナンスを行うと思ってます。

リニューアルまでは行かないけれど、現在は一つのシステムに色々なルールが
詰めこまれてる状態で、分解して2~3つにしようかと。

スワップ派の…的にいうと、システムのポートフォリオですかね(笑

一つのシステムに色々なものが詰まってるものはパンローリングから出てる
『勝利の売買システム』という本に紹介されてるスーパーコンボS&P500の
日掛かりシステムからヒントを得て作ったものです。

キッシング(洗いざらい)のシステムとこの本の著者は呼んでいますが。
この表現、猫レオは結構気に入ってます。

ちなみに猫レオは、
今後トレード関係の本は一冊を除いて一切読むことは出来ない
その場合の一冊だけ選らべといわれたら、迷わずこの本を選ぶでしょうね。
トレードステーションを使用してる人なら必須でしょう。

そのうち気が向いたら感想などを書いてみたいと思います。

応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

投資の本

最近、ある人から投資の本で良いのありますか?と聞かれました。

う~ん・・・・投資の本ねぇ・・・

なんかあるかね・・・・?

なんて答えていたら、投資やってんだよね?
と聞き返されました。

まぁ、投資・・・というか投機ですかね。

しかし、難しいよね、投資といっても色々あって、
どういうやり方するかで全然ちがうし(^^;

猫レオのお勧めの本が彼にとっての最良の本ではないのは確かなので
特に何も薦められませんでした(-_-;)

彼は自分の勤めてる不動産会社の株を入社してから
半額ぐらいになってるのでこれ以上落ちないだろう…
ということで今年の5月頃買ったみたいなんですが、
いまは、そのときの1/5だそうです・・・あらら・・

まぁ、そういう経験して徐々に色々勉強するからね・・

きっと王道はないのでしょう。
手探りで自分のやり方をいろいろ調べて上達するしかなさそうですね、投資は。

猫レオの場合は、単純に確率的に優位な方法を沢山繰り返して
利益を貯めていくというやり方ですが、
これも、確率確率とあまり難しく考えないで、コインの裏表ぐらいに
単純に考えてるのが良いような感じかな。

でも作業は難しいし、大変ですけどね。

バリュー投資も四季報をありったけ集めて、
目当ての会社の資料を通年で集めてファイリングして
傾向を調べて、今回みたいな暴落時に、タイミングみて
逆ピラミッドで買い建てていくとか、そんなやり方でしょうか。

10銘柄のうち1つでも吹き上がれば大成功ということです。

応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

狂騒の05年そしてライブドアショックのおもひで

今回の日経株価の暴落を見ていて、今から2年半前のライブドアショックを思い出してました。

2005年は個別株が狂ったように上昇したすごい年でした。
とくに新興バブルがすさまじく、何かっても吹いて2~3倍は当たり前って感じでした。

2005年、猫レオは最初、建設株をもってました。
清水建設とかです。

それが夏頃どんどん上昇、あっという間に資産倍増近く。
その後、ある不動産株に目をつけました。
不動産オークションなんてビジネスモデルを行った会社です。

それに現物で全力投入。
案の定、あっという間に吹き上がり、ほぼ3倍になったところで売却。

続いてライブドア銘柄・・・ジャックホールディングという中古車販売ですね。

あのホリエモンが回転回転回転…ライブドアオート♪とか変なコマーシャル出てた奴です(笑

ライブドアが買収する話がでてたので、ためしに購入。
これもあっという間に上昇。

ライブドア関連は金塊の鉱脈・・・こうおもったものです。
それが地獄行きでした。・・・(-_-;)

当時、猫レオはデーターセンターのデザインコンサルをやってました。
もちろんシステムではなく、建築のですが。

サーバー容量の需要が増えつつある状態だったので魅力的なビジネスモデルだと
おもってたものです。

奇しくもライブドアがメディアエクスチェンジというデーターセンター経営会社を
買収するという話が流れてきまして、猫レオはこれが神の声(笑)だと
勘違い。

最初はリスクを考えてポジションを取っていたのですが、
吹き上がるにつれて徐々に信用二階建て、三階建てという大馬鹿なポジションを取りました。

当時は流石にバブルだろうと言われて、暴落が起きることは予測してましたが、
猫レオはそのバブル崩壊を金融セクター株が落ち始めたら…なんて
思ってたのです。

新春06年になってから、メディアエクスチェンジが連続ストップ高。

猫レオの資産…含み益は異様に膨れ上がりました。

これだけの資金が手に入ったら、いろいろなことが出来る、色々な夢が叶う…
なんて考えて、売り時をいつにするかで悩みました。
2月ごろにメディアエクスチェンジは取締役会議があるということで
そこがおそらく頂点だろうと思ってたものです。

近所のスポーツクラブで悠々と運動をして、夕方に自分の事務所に戻ったとき
ヤフーのニュースで、堀江社長に東京地検から強制捜査が入ったとのニュース・・・



はぁ・・・????


まさに天国から地獄でしたね・・・
そこから先はあまり思い出したくもない状態です。

連続S安。売りたくても売れない恐怖・・・

結局、2005年の利益を全部吐き出し、更にはあと1日ストップ安が続いたら
借金抱えるような危うい状態に陥るところでした。
ギリギリの淵で生き残ることが出来ました。

あれの体験が投資における猫レオをおそろく臆病者にしております^^;

その後からシステムトレードというものにシフトしていくのですが、
それはまた、いつか独り言のように書いてみたいと思います。

応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

お菓子づくりとポートフォリオとてんぷら

今日はテレビ番組のお話でも・・・・

二年ぐらい前だったでしょうか、NHKの「プロフェッショナル」という番組で
銀座方面に店を構える杉野というパティシエが紹介されていました。

なんでも日本人で初めて本場フランスで開催される
権威ある菓子づくり大会で優勝したこともある洋菓子界の有名な人らしいです。

このNHKのシリーズ…、なんか胡散臭いので滅多に見ないし、好きではないのですが、
そのときは偶々みました。

そのパティシエは修行時代にフランスへ洋菓子修行へ出向いたのですが、
日本人であることもあって、なかなか満足のいく仕事が出来なかったそうです。。
修行してた店もあまり納得できるような場所でもなかったらしく、
悶々とパリの街を毎日ウロウロしてたみたいですね。

そんなある日、フランスでかなり有名な菓子専門店の菓子を食べたところ、
えらく感激したとのこと。今までに食べたことのない味わいで、是非この味のヒミツを
知りたい、その店で修行したいと思い、働かせてくれとそのオーナーに頼み込んで
なんとか厨房に入り込むことに成功したとか。

ろくな仕事はさせてもらえなかったらしいのですが、とにかく味のヒミツを探ろうと必死に
厨房内の様子を克明に観察してたら、意外なことに製造方法は至って普通であり、
いわゆるお菓子作りの教科書どおりだったそうです。

その代わり、他の店と決定的に違ったことが一つだけありました。

たとえば、お菓子に使う果物。
苺は何処の店よりも早く市場で入荷し、店で使用する前には、
一個一個丁寧に見分け、少しでも痛んでるものや具合の悪そうなものは、
一切使わずに材料から外して捨ててしまう。
砂糖や小麦粉、その他色々な材料も同じく。

更に捏ねたり混ぜたりする過程も丁寧に何度もこしたり、粉を細かく
ふるいにかけたりと全く手を抜かず、焼き上げる時もオーブンの温度や時間、
タイミングなどを徹底的に守るようにしてたとのこと。

他店とは違った一つだけのこと、それは要するに、
当たり前のことを面倒くさがらずに、当たり前にやる
ということ。

言葉にすると何でもないことだと思うのですが、
しかし、杉野氏は、それが実はとても難しいことであったと気がつかせてくれたそうです。

お菓子作りに奥義や特別な秘密などはなく、作り方なんてものは、
既に世間にいくらでも出回っていて、誰でも簡単にレシピを知ることが出来る。
もし奥義のようなものがあるとしたら、それは当たり前のことを当たり前にやるという
作業工程だけ。

番組は最後に、杉野氏のこんな言葉で締めくくってました。

当たり前のことを当たり前にやれば凄いものになる

なんとも相場の世界にも通じる含蓄のある言葉だなぁ…と思いました。
『マーケットの魔術師』なんてシリーズを読んでても、本当にそう思います。
トレードの手法や技法なんて本屋やインターネットを見れば幾らでも書かれているし、
お菓子作りで言えばレシピみたいなものですね。
でも、なんで人によってこれだけ差が出るのでしょうか・・・・・

もちろん何もトレードの世界に限ったことではないのですが、
どの分野でも生き残ってる人たちは、
当たり前のことを当たり前にやってる人たちではないだろうか・・なんて
猫レオは思いました。


全然関係ないのですが、てんぷらを作るときに、てんぷら粉は
ちゃんとふるいにかけろと本にかかれてます、でもメンドクサイですよね(^^;

先日、それをふるいにかけてみたんですよ。
それで衣をつくって温度も全部調整して揚げてみたら、これはもう・・・
お店で食べるてんぷらと全く同じでした、パリパリサクサク…

あああ、やっぱり当たり前のことを普通にやれば、別に特別な作り方なんて
研究しなくても、美味しいものがちゃんと作れるんだな…と思いました(笑)


参加者が少ないコミュニティですが、現在2位です^^
応援クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替日記(団体)
人気ブログ為替ランキングへ

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

スワップ派のためのFXポートフォリオ褒めコロ

本業がひと段落してからというもの、毎日、FXポートスタジオのサイト作成を
やっています。いまあるのは暫定なので、もっとカッコヨク見栄え良くしようじゃないかと
いろいろと打ち合わせしてやってます。
順調にいけば、来月(11月)の頭頃にはweb上にアップできるのではないかと。

あと、スワップ派のためのポートフォリオ、ブログまとめを完成させたいものです。
一通り、HP形式にはまとめたのですが、ブログをそのまま貼り付けただけなので
まだまだ読みにくい読みにくい・・・

文章や表現、あと記事前後のあたりも少し手直しして、読みやすいように
また、全体の検索がやりやすいようにしています。

プリントアウトしたものは、もう何度も繰り返し読み返しています。

ま・・・・やっと概略を理解してきた感じでしょうか。

しかし、このFXポートスタジオ・・・・というソフト。

なんというか、身内贔屓だと怒られるかも知れないけど、
これ相当良く出来てるなと思います。
なんというか、ポートフォリオの最適化ツールが
間違いのないロジックで出来てるというのは、これが始めてではないか???

よくまぁ、こんなものを作れたもんだと、知り合いながら感心してます。

なんか、無料で配布してる分析ツールの方はデーター所得代で赤字になってるとか(笑
何考えてんだ、データー所得料としてお金取りなよ、と春頃いったんですが、
yamakouFX氏は無料にこだわりがあるらしく(?)、この分析ツールだけは
未来永劫無料で配布するそうです・・・・
もっとも、その反動で、このFXポートスタジオの方は生まれたのですが。
有料でも良いから、徹底的にプロ仕様のものを個人向けに作成してみたい…
という職人気質の発想が強かったのではないでしょうかね。

そういえば、FXポートスタジオの方も、
なんだかんだでデーター元から所得にお金かかるらしく
それなりの年会費になってしまうのが心苦しいとか・・・
しかし、彼の作業量からすると、この手のプログラム開発って、
あんまり割りの良い商売でもないのかもしれないですね(^o^; どーなんだろ。

個人で使うものは楽なんだけど、それを販売用に作成するとなると、
いろいろな部分で膨大な作業やチェックが必要になり、体壊すと嘆いていました。

しかし、モノづくりの端くれの人間として、こういうプログラムやソフトも
手作り感覚があって良いな…と思います。
もっとも手作りと言っても、ステルス戦闘機を手でこしらえるようなレベルですね。
大したもんです。(半分褒め殺しです(笑))

そういえば、猫レオはまだFXのポジションはとってないのですが、
あちこちのブログを読むと今回の暴落でスワップ派も相当やられてるみたいですね。
yamakouFX氏のクオンツ本業の方も大変そうです。

猫レオも、トレードではまずどれだけ損失を出すリスクがあるのかを
直視することを徹底的にすべきだな…と、つくづく思いました。

まったく偉そうなことは言えない程、過去に
何度も無理なポジションで瀕死になりかけた事があります。
特に相場始めた頃はそうでした。
新しいツールや手法を始める時って気がはやって、
どうしても、過剰なポジションをとってしまうのですね。

生き残ってさえいれば、相場はいくらでも復活のチャンスあります。
すごく陳腐な言い方ですが、これは真実ですね。時間が味方してくれます。
猫レオがそうでした。

2006年のライブドアショックに巻き込まれたときは、
本当に樹海という言葉が頭に浮かびましたから。
連続S安で毎日ン百万円という含み益が消えていく中…
生まれて初めてショックとストレスで何度も嘔吐しました。

いずれ、あのときの悲惨な出来事は、記録として書いてみようと思います。


ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

『死のロングウォーク』

S.キングの『死のロングウォーク』という本を読んでみました。
トレードと関係なさそうで、実はありそうな切羽詰った内容。
(・・だと勝手に感じたので感想文を^^;)

14~16歳の志願した少年100人が、時速4マイルで延々に歩き続ける話です。
規定速度以下になると、4回目の警告で兵士に撃ち殺される。最後の一人になるまで続く。

少年たちが歩き続ける道の両脇にはマラソンの応援をするかのような群集とマスコミ。
延々と夜も昼も、晴れ雨、嵐に関わらずゲームは続行されます。
歩行中、参加者の少年たちには奇妙な連帯感が生まれ、
いがみ合ったり助け合ったりしながら延々に死ぬか生きるかの狭間を歩き続けていく・・。

日本の「バトルロワイヤル」の元ネタとか言われてるし、
後のS.キング『バトルランナー』の原点みたいな話かも知れませんね。
(これはシュワルツネッガー主演で映画にもなったっけ・・・)

結局、ロングウォークという競技が何なのか、なんでこんな競技が行われているのかも
物語では何の説明もないし、登場人物たち自身が、それについては良く分からないと
劇中で語っています。

なので「バトルロワイヤル」のような死のゲームを強制する国家権力に対しての
陳腐な皮肉が出て来たりする場面も無く、少佐と呼ばれる謎の司会者が
妙に民衆を扇動する以外は、特に政治的な意図もなさそうです。

ただ、淡々と決められた単純なルールに沿って長い道のりを延々と歩いていく。

ところで毎日毎日、いすに座って場中に機械の示すBuySellというサインを見ながら、
淡々とボタンを押し続ける作業を繰り返すとき、猫レオは
ふっと緩慢な死に向かってるような、嫌~な気持ち悪さを感じることがあります(-_-;)
その気持ち悪さと共通するものが、この小説にはあるような気がしました。。

SAVE0220.jpg

(以下ネタバレ)

ところで、ロングウォークの優勝者は、何度か死にかけます。
3度ほど同じ競技仲間の友人に命を救われ、
この偶然が無ければ優勝は違う者になっていたでしょう。
参加者が全く同じで、同一の競技を行うパラレルワールドが100個あったとしたら、
恐らく、優勝者は小説中の主要な人物たちに満遍なく散らばるのではないでしょうか。

米国で盛んに行われているトレード競技なんてものも、案外そんな類かも・・・なんて
思ったりします。
ラリーウィリアムズが優勝したロビンズ・カップですが、
もし半年相場の地合いがズレていれば、初っ端に酷いDDを食らって
彼の優勝自体も怪しくなってたと思う。
(それでも複数同じ大会が行われれば、どれかで優勝はするかも知れませんが)

本当にシステムトレードの真のコンテストを行うのであれば、最低でも5年は必要ですね。
理想を言えば10年。(そんな忍耐のある主催者はいないから普通は半年~1年)

どんなルールでも、“まぐれ”で大勢の中1人ぐらいは1年で凄い成績を残せる人は出ます。
それが2年、3年、4年、…と続くにつれて、恐ろしく成功確率は減っていきますよね。
(先日感想を書いたタレブの『まぐれ』じゃないけど)

色々なことを考えたわけですが、結局トレードは
“ロングウォーク” ではないか・・・なんて思います。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ギャンブル?確率のゲーム?

先日、猫レオにとってトレードは確率のゲームである…みたいなことを書いたら、
それを読んでた知り合いから、どういう意味なの?と聞かれました。

う~ん・・・分かりやすく言うと、

コインがあるとします。
山のように積んであります。全部で1000枚ぐらいあるのかな?

ディーラーが居て彼から、どのコインを使っても良いから、
裏表のどちらが出るかのギャンブルをやりましょうと言われます。
その代わり、どのコインを選ぶかについては満足がいくまで時間をかけて良いと。

猫レオはその1000枚を一枚一枚全部、
1000回放り投げて裏表の出る記録をチェックします。
気の遠くなるような作業ですが・・・・

すると1~2枚は表か裏に出やすいものが見つかります。
恐らくコインの材質に歪みか偏りがあって、どちらかの面に重心が傾いてるのでしょうね。
それを見つけたら、延々とそのコインの出やすい方に賭け続けるというわけです。

要するに確率的に優位になる方へ賭け続けることによって、
その歪み分を頂こうというわけです。

なので、一発勝負みたいなハラハラどきどきはそこには在りません。
あるのは淡々とコインを振り続ける作業のルーチンワークがあるだけです。

偏ったコインを見つけるのは優位性のあるルールを作る作業です。
1000回ふるというバックテストを繰り返し、
何%の確率の偏りがあるのか、そして最大で何回まで負ける可能性があるのかを
調べる行為が資金管理に直結します。

ただし実際のトレードにおいては、そのコインの重心の歪みが不変ではなく、
変動する可能性があるということです。
トレードをしてるときには、今のルールが有効か否か・・・これにいつも悩みます。

ドローダウンやフラット期間(利益が横ばい状態)に出くわして、

もうダメだ・・・こんなルール使えない・・・となったところが

どういうわけか、大底だったり、あるいはフラット期間の終わりだったりします。
本当に不思議ですが、こういうものなんですね。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

えっ?FXスワップ派でポートフォリオを組むと危険?

序章です。

ポートフォリオを組むのが悪いという意味ではありません・・・

・・・では何が危険なのか?????

でもその前に、ちょっと雑記(笑

今週に入ってから日経225先物が今ひとつな状態です。
先週のようなボーナスステージ(先物の場合は暴落時はむしろ大きく取れます)
から猫レオが運用してるシステムにとっては
場中に騙しトレンドが多く、細かい損失が続く時期に入ったようです。

さて、

「スワップ派のためのポートフォリオについて少しだけ真面目に勉強してみよう」
のまとめもようやく入門編の構成が終わりました。
しかし、yamakouFXさんのブログ・・・後半に入ると、話があちこちに飛ぶので
猫レオはまとめる際に、
一体どの記事とどの記事がつながってるのかが、混乱してます^^;

・・・これは、いずにれにしろ入門編だけでも、スムーズに最初から読めるように
構成を大幅に改定しないとキツイな・・・と冷や汗かいてます(笑

さて本題ですが

スワップ派のためのFXポートフォリオ」ブログ、
yamakouFXさんが一貫して訴えていることがあります。
それは読んでて強くかんじました。

それは・・・・相関係数というキーワードで繰り返し出てくる部分です。

この記事のタイトルにもしていますが、スワップ派の個人投資家が迂闊なネタを元に
リスク分散としてポートフォリオを組むと

えっ?スワップ派が下手にポートフォリオを組むと危険?

となってしまうそうです。

スワップ派にとっての一番のリスクは為替変動だといいます。
スワップ金利をもらうのが目的なので、金利以上に保有通貨価値が
下落してしまえば、含み損の発生、保有資産の減少がおきます。

・・なのでその変動の大きさは、スワップ派のとってのリスクなわけです。

その変動の大きさは標準偏差というものに置き換えることが出来ます。
テクニカル指標なんかで出てくるボリンジャーバンドなんかも、
値動き幅を標準偏差で表しますよね。
まぁ、あのバンドの幅が大きいと変動が大きいとか分かりますよね・・・

しかし、個人投資家の間で、世間一般に流布してる
リスク=為替レートの標準偏差をとるという部分には、

実はとても怖い罠が潜んでいるとyamakouFXさんは指摘しています。
殆どの人が間違ったリスクの取り方をしてるといいます。

果たしてその罠とは・・・

つづきます・・・・(^o^;

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

FXポートスタジオ詳細マニュアル一足早く

昨日、yamakouFXさんから
明日10/15正式版を使用して頂いてる方々へ配布する
ポートスタジオの詳細マニュアルの原稿をもらいました。

・・・昼間、クオンツでン十億運用の仕事で忙しく、
アフターファイブ以降、帰宅してからコツコツ書き溜めていたそうですが、
大変だっただろうなと思います・・・^^;

昨日までの三連休は殆ど、それに当てていたとか、
彼が家族たちに嫌味言われながら作業してる姿が目に浮かびます(笑

余談はそのくらいですが、出来栄えは・・・なかなかこれは
FXポートスタジオで、あまり触れられてなかった高度な使い方、
応用のが書かれていて、使用の幅が広がりそうです。

このソフト自体、まだまだ今後もどんどん発展していく可能性も秘めているので、
マニュアルも何れ、バージョンアップしていくと思います。

もともとyamakouFXさんが始めてたブログが投資仲間の親戚で話題になって
スワップ派がポートフォリオを作成するのに
システムトレーダーが使用してるトレードステーションのような最適化ソフト…が
あればいいね・・・みたいな話しから誕生したポートスタジオですが、
かなり操作性が簡易で、実際にン百万で使用権が販売されてる
ものと殆ど同等のものが出来たので、猫レオ自身も驚いています。

スワップ派素人だった猫レオも「スワップ派のためのFXポートフォリオ」を
何度もよんでHPにまとめる作業をしてるうちに段々、その理論の奥行きが
わかりかけてきました。

ここでは目次だけ紹介しておきます。
正式版を使用されてる方には明日、メールにて配信予定です。お楽しみに。

マニュアル
スワップ派のためのFXポートフォリオを先取りした部分も
あるような感じです。

なお、この画像は猫レオが適当にくっつけたものなので、
実際のものと異なる部分や変更箇所があることをご了承ください。

FXポートスタジオの公式サイトの方も今月末ぐらいまでには
準備中のページや全体のデザインもなんとか体裁を整えて
恥ずかしくない見栄えにするつもりですので、よろしくお願いします^^;

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング




テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ナシーム.N.タレブ著の『まぐれ』

ナシーム.N.タレブ著の『まぐれ』という本を読み返しました。
投資に絡めた一種の社会分析エッセイみたいなもの。
原題が Fooled by Randomness なので「偶然によるインチキ」とか
そんな意味ですかね。
モンテカルロ数学の専門家らしいのですが、かなり…というか、相当面白いです。

41IL.jpg

投資をやってる人であれば、一押しでお薦め。

色々面白いことが書かれているのですが、例えば・・・

ロシアン・ルーレットを一回やって生き残れたら
1000万ドルをあげよう、と大富豪に言われた人がいるとします。
見事1/6の確率で生き残れた場合「命を恐れず勇気をもって賭けに挑む」という
彼の台詞が成功の秘訣として一般に紹介されます。

ここで仮に、毎年1年に1回づつロシアン・ルーレットを
25歳から50歳までやり続けた場合どうなのでしょうか?
殆どの人間は10年以内に死んでしまいますよね(^^;

だけど数千人の人間を集めて、それをやったら、
恐らく一握りは50歳まで生き残るでしょう。

生き残った人に、成功の秘訣を聞けば「命を恐れず勇気をもって賭けに挑む」
という内容になってしまいそうです。

実際にそんな真似すれば確実に死んでしまいますが・・・
その1人の成功者の背後には、無数の屍があるという事実を私たちは忘れがちです。

一方で、実社会はたちの悪いロシアン・ルーレット。
明快な確率は示されないので、その辺りのリスクがとても見えにくい。。。。
巷に溢れる自己啓発系の成功話
(他人を啓蒙する書籍の殆ど)がそんな程度の内容だと著書は述べています。

つまり、たまたまロシアンルーレットをやって運良く「まぐれ」で生き残った人が
それを吹聴してるだけだそうです。

とは言え、猫レオが思うには
ある物事がすべてランダムな偶然の結果によって生み出されるかというと、
前提条件としての期待値によって結果は異なると思います。。
ランダムな結果の蓄積はある一定値へと収束していく・・・・。
(エルゴード仮設と呼ばれるみたいですが)

一例をあげると
全くの無名だった歌手のマドンナと
平均的な一般人がオーディションを繰り返し受けた場合、
受かる確率はマドンナ30%、一般人2%だとします(これは適当・・・)。
その期待値の差は歌唱力という前提条件によって異なります。

一般の人よりは審査員の目にとまる可能性は高いわけですが、
それでもマドンナがファーストフードの店員で終わらずに
トップチャートの仲間入り出来たのは、その30%の偶然に
引っかかったからだという事になります。

マドンナが成功する秘訣の話を書いたからと言って、
期待値をあげる役には立つかも知れないのですが、
成功をものにする秘訣ではないのです実は。

ただし、一般人とマドンナがオーディションを100回受ければ
引っかかるのは期待値の大きい方です。

まぁなんやかんやで、同等の期待値を持ちながら、
NYのハンバーガーショップで働く歌の上手い姉ちゃんが
背後には沢山いるというのも事実ではないでしょうか?

また、著書にはこんな話も載ってました。

ポストモダンの思想家の文章をモンテカルロシュミレーションで生み出すエンジンが
オーストラリアのモナッシュ大学にあるらしい。
彼らの使用する単語を抽出し、
一定の文法の枠組みに無作為に放り込んで出来たそれは
デリダやバルドの文章そっくりに意味不明のものになっている。

猫レオは芸術、デザインが専門だったので、それらの理論構築に
哲学やら現代思想やらに一時期凝っていました、だから、この部分は噴出しました(笑
確かに、ポストモダン作家の文章はわけが分からん…
というのは一般の意見ですよね^^;

そういう方法で文章作成したら、逆にそれが一つの表現思想になりそうですけど・・
ドゥルーズ=ガタリあたりはそういうの好きそうです。

ちなみに猫レオの思考は、理路整然としてません。
たいてい分裂症のような発想で考えが四散します。

あと「バックテスト」という項目には、
トレードステーションのシュミレーションに明け暮れて
現実感覚を失った友人のさわりが書かれていました。
バックテストを何度も繰り返す精神病(状態)があるらしい。
(ほんとかい?)
猫レオには、ものすごく思い当たる節もあるので笑えないのですが(苦笑

--
この本に絡めてちょこっとだけ、
猫レオの使用してる日経225先物のシステムにおけるリスクの紹介です。
通常はリターンの紹介をするのですが、システムトレードにおいては、
リターンなんてリスクがなければ勝手に舞い降りるものです(笑)

以下の図は
現在使用してるルールから
500回のランダムな組み合わせをシュミレーションしたものです。
最大DDはほぼ700円強のあたりに落ち着くようです。
もっとも安全を見れば、これを2倍にした1400円を起こり得る最大DDと設定して、
その範囲でも資産の保全が保たれるような資金管理が理想でしょうね。

00000012.jpg

同じく、その最大DDの分布の様子です。

00000011.jpg

500回では1250円が最大で、400円が最小になります。
ただ長らく続けていけば、
確実に1000円のDDは起きるとみなしておくのが非常に現実的ですね。

そのうち気が向いたらyamakouFXさんの真似して
システム構築の手法とか連載してみようかと思ってます。

猫レオは裁量トレードが一切できない人です。
全ての建玉はシステム上に載ってないと不安で神経をやられてしまうタイプです。
トレードはいつも裁量の余地のない「確率」のゲームだと思っています。
その辺りの話は、またいつか書いてみたいと思います。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

カイジ

トレードの参考にしてる本などを少し紹介してみたいと思います。

正統的なトレードの本は、もう他の方のブログで散々紹介されていたりするので、
ここでは、ちょっと違った視点で他ジャンルの紹介してみます。

福本伸行さんという漫画家をご存知でしょうか?
主にギャンブルをテーマとした作品が多いのですが、その中の代表作に
『賭博黙示録カイジ』というのがあります。
シリーズ化してるのですが、最初の作品であるこの黙示録の方は
かなり濃い内容が詰まっています。

ダラダラと過ごしてた時期に漫画喫茶で何度も読み返して、
色々なことを考えさせてくれた思い入れのある作品でもあります。

漫画なので物語の設定に対するリアリティはあまり有りませんが、
数々の場面場面からは妙に生々しく感じるものがあります。

「希望の船」編の中で主人公カイジが人生を賭けたあるギャンブルにおいて、
他人をコロっと信用した為に陥る最初のピンチ場面があります。

01.jpg
02.jpg

自分の命がかかってるような重大な場面で、コロっと他人を信用して
あっという間に何もかも無くす寸前までいったカイジですが、
この漫画、これでもか、と言う程、人間の汚れた部分が出てきます。

途中のシリーズから半分コミカルなものになってしまって、最初のシリーズほどの悲壮感は
薄れてくるのですが・・・。

具体的になのがどうトレードの役に立つのか・・というのは表現しにくいのですが、
猫レオにとっては、苦しくなると読み返す回数が増えるマンガです(笑

興味のある方は一読をお勧めします。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング




テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

FXポートフォリオについて少しだけ真面目に勉強してみよう

スワップ派のためのFXポートフォリオをまとめたサイトを
web上に立ち上げよう・・・というプロジェクト(笑)の方が、
少しずつ形になってきました。

画面はまだ作成中のものです。

無題

表紙は冬っぽい風景に女性が暖かいドリンクを飲んでホッとしてるイメージです。

このFXポートフォリオ関連のイメージは全体を
ひと息入れる・・・・なんてことをテーマにしています。

訪れてくれた方にとって投資が
コーヒーブレイクだったり、お花見になったりするように・・・・

投資というとどうしても肩と目に力を入れて、脳天にストレス貯めながら
やるような状態になってしまいますが、

もっと肩の力を抜いて、リスクを減らしたポジションでゆったり資産形成を
しましょう・・・

そんなメッセージを込めています。
情報をもとめている投資家の方々の役立つようなサイトになれば良いなと
考えています。

ブログ上で無料配布してるツールなんかも、うまくダウンロードできる部分を
入れるなど、構成に工夫とか要りそうですね・・・

なかなか難しいです^^;


ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

急ピッチで

現在、ポートスタジオの公式サイトを急ピッチで作成してます。
まだまだ未完成のページもありますし、急いで作ったので文章や説明が妙な箇所もあります。
なるべく、製作者の気持ちをちゃんと伝えて
満足のいくサイトとして販売したいという希望が関係者一同みな強いです。

・・・とはいえ、いかんせんHPを作成できるのが猫レオ一人なので(笑

まさしく猫の手も借りたいという状態でしょうか・・・しかも、この箇所は是非強調したい、
大きく伝えたいとかんがえると、
細かい修正や言い回しをかえたりとなかなか大変です^o^;

それともうひとつ、実はサイトを作成してます。
スワップ派のためのポートフォリオを、もうちょっと読みやすくまとめた
いわゆるブログのまとめサイトって奴ですね~。

ブログはあれで読みやすく書いてもらっているのですが、
いかんせん形式がやはり初めて訪ねて頂いた方には、どこから読むのかを探るのも
しんどいかなぁ・・・という感じがするので、
これも思い切ってまとめてしまおう・・という提案をして
自分の首を絞めました(苦笑

でも、まとめてみると、否応無く内容について理解しなきゃならないので、
猫レオにとっても良い勉強だと思ってます。

こちらは雛形ができたらアップします。少しずつ記事をまとめて年内ぐらいには
連載においついたら良いかな・・・と思ってます。

一応、本日で本業の方が、一区切りついたので、明日からこっちに没頭できそうです。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

こりゃすごい?

最近はコツコツと仕事の合間に、
FXポートスタジオの公式サイトを充実させようと作業に明け暮れてます。
なんとか一日でも早く、
まだ準備中のページを完成させたいし、あと手直しも行いたいです。
とりあえず本日の夜で本業のデザイン関係の仕事が一つ片付くので、
三連休には気合いれて作業にとりかかります。

猫レオの一日は、朝9時までに自分の職場について
まず日経225先物の画面を立ち上げ、売買セット。
こちらはシステムトレードなので、あらかじめプログラムを組んだとおりのサインが
出れば売り買いをするだけです。

でも最近は、動きがひどく、証券会社のサーバーが固まり取りそこなうことが多いです。
ようするに発注が間に合わなくなったり、発注不能になります。

まだ損失になってないだけマシかと思いますが。

今日は、サーキットブレイカーが発生して最初、先物の取引がストップしてましたね。
こんな体験は初めてです、ビックリしました。

結局、サインは出現したものの、発注を見合わせ、まぁなんか変な動きを見てるだけで
終わってしまいました。

それにしても買い方にとっては大変な時期ですね。
こういう時期は、とにかく資金が減らないようにポジションを減らすしかないですよね。
いろいろなブログを見ていててもスワップ派にとってはとても苦しい時期みたいです。
どれだけ被害を少なく出来たかが、今後の命運につながりそうですね。

猫レオも、今まで個別株でライブドアショックに巻き込まれたり、
先物のシステムトレードもシステムが破綻して中止したりしたことも1~2度ではないです。
資金管理だけは、綿密におこなっていたおかげでナントカ生き残れて居ます。

またまた今週は新たな局面に遭遇して良い勉強になりました。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

ブログ主の猫レオご挨拶

猫レオは2004年から個別日本株、日経225先物などを始めました。
途中、何度か破滅の危機を乗り越え、ナントカ生き残ることが出来ています。
幸い今年に入り、当初の目標金額を運用達成できたので、
ここらで一息と同時に、もう少し安全にリスクを取らない運用方法は無いものかと
考えていたところ、FXスワップ金利に注目し始めました。

キャピタルゲインを狙った先物や個別株は、大きなリターンをもたらしてくれました。
かなり大きなリスクをとって、年利100%近い成績を数年残せたのは、
えらく苦労した努力と共に、運も良かったのだと思います。
奇蹟的に生き残れたと思います。

しかし、それ以上に、ストレスや不安から胃を壊し、
場中に吐いたことも1~2回ではありません。
個人的には、こんな想いはもう続けたくないというのが素直な気持ちでしょうか。

幸いなことに現在は運用リスクを低く抑えリターンも大きく狙わない状態で
堅実に売買をしています。
それと同時に、新しい領域へと足を踏み出そうという意欲も出てきました。

FXスワップ取り。

実は、2008年10月1日の現時点で、
猫レオはそれがどういうものなのか良くわかっていません。
書籍を数冊読んで概略を掴んだ程度です。
わりと低リスクで、そこそこのリターンを望める手法として、それなりの運用人口が
存在するらしいですが、どんな手法も、勉強をしないで始めるのは自殺行為です。

投資で100万円取ろうと思ったら、
実社会で100万円を稼ぐのと同じぐらいの苦労とストレスがかかると
猫レオは思っています。

そこを勘違いするのが一番こわいので、これから宅建の資格でも取るつもりで、
FXスワップについて学習の理解を深めようと思っています。

幸いなこと(?)に親戚にわりと仲良くお付き合いさせて頂いてる方で
yamakouFXさんという方がおります。
彼は大手金融会社の運用部門クオンツのお偉いさんをやっています。
彼の企画開発したものは実際に金融機関の運用部門で利用されてるそうです。

今年の夏、そんな彼からホームページつくるのを協力してくれと言われました。

彼は最近、FXスワップ用のソフトを開発し、
身内が経営している会社から販売することになりました。
そのため猫レオも忙しい中、手探りでホームページつくりの勉強を始めたわけです。
見返りは彼の開発したソフトを使わせてもらうことと、
判らないことを相談に載って貰うという条件ですが・・・(笑)

そんなわけで、このブログでは猫レオの奮闘を中心に、
いろいろな裏話や勉強したことなどを綴れたらいいかなと思っています。

まぁ、あまり固いことも考えずに、トレードで経験したことや考えてること、
悩んでることなどを気楽に書いてみようかと思います。

ランキング応援お願いします^^

にほんブログ村 為替日記(団体)
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ
人気ブログ為替ランキングへ
ブログランキング

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。